寿は岐阜北エリアでの不動産コンシェルジュ宣言をします

◆ 上棟式について ◆

上棟式は、棟上げ・建前とも言われ、柱を立て梁や桁を組み上げて棟木を上げる時に行われます。
建物が建った後も建物が無事であるよう願って行われます。
通常規模の住宅であればだいたい1日で屋根まで組みあがってしまいますので上棟式が終わると 家の形がだいたいわかるようになります。

お施主様にご用意いただくもの(寿住建の場合)
日本酒一升
洗米1合
あら塩1合
榊(さかき)地鎮祭の時に持ち帰っていただいたもの
スルメ2枚
紙コップ30個程度
おやつ・ジュース等10時と15時の休憩時用
昼食食堂で依頼。 もしくはお弁当
祝儀3千~5千円 × 参加人数分

上棟式の流れ(寿住建の場合)
7:55~上棟開始の挨拶
ご主人様ご挨拶
工事関係者挨拶
(建物四方にお酒・塩・洗米をまきます)
8:00~上棟開始
10:00~休憩(お茶・コーヒーの準備があればご用意ください)
12:00~昼休憩(昼食の準備・移動)
15:00~休憩(お茶出し・地鎮祭でお持ち帰りいただいた榊をご用意ください)
16:30~工事終わり
終礼
ご主人様ご挨拶
(ご挨拶の後に工事関係者に祝儀をお渡しください。棟梁から各お大工さん・現場監督の順にお渡しください)
工事関係者挨拶
解散

上記は一例です。 上棟式のやり方はお施主様によって様々ですのでご相談ください。
例えばお忙しいお施主様もみえたりしますが、寿住建がお施主様の代わりにサポートさせていただきますのでご安心ください。




Copyright c kotobuki84.com All rights reserved.