寿は岐阜北エリアでの不動産コンシェルジュ宣言をします

◆ 賃貸とマイホームを購入した時の比較 ◆

賃貸住宅にお住まいの方で、マイホームの購入を考えている方は沢山みえますが、 どちらも住居に住むためには、毎月支払われるお金が必要になります。
その額はそれぞれ違いますが果たしてどちらがお得なのでしょうか?
賃貸に住んだ場合、「家賃」が発生します。これは住居を借りるために支払うお金です。
この家賃の多くの部分が大家さんの収入ということになります。
一方、マイホームを購入した場合、多くの人が「住宅ローン」を組んで月々返済をしていく方法 をとることになると思います。この住宅ローンには家と土地自体の金額の他にお金を借りた銀行に 支払う金利が入っています。住宅ローンの返済期間は長いので総額でみると金利も結構大きな金額になります。
この金利を払うのがもったいなくて住宅を買うのをためらっている方もみえると思いますが、 はたしてどちらがお得なのでしょうか。
住宅ローンは完済すれば家と土地は全て自分のものになります。それに比べ、 賃貸はいくらお金を払い続けても、決してその部屋は自分のものにはなりません。しかも、支払っているお金の殆どは 大家さんの収入になってしまいます。
また、住宅ローンと同じ金額の家賃の賃貸に住んだ場合には、スペック的には比較になりません。
もちろん、いろいろなリスクや税金や諸費用を考えた場合に賃貸に分があることもあります。
人それぞれの生き方がありますので、ずっと賃貸に住まわれる方はそれもひとつの在り方だとは思いますが、 いづれマイホームを購入することを考えている方にとっては、早めの決断をすることがよりお得であると思います。




Copyright c kotobuki84.com All rights reserved.