寿は岐阜北エリアでの不動産コンシェルジュ宣言をします

◆ 賢い土地の探し方 ◆

土地を探すとき、いい土地を探そうと思ったらどうしますか?
インターネットをチェックする、フリーペーパーをチェックする、新聞折込をチェックする…
など、いろいろな資料を集めたりすると思います。


しかし、実は本当にいい物件というのは資料になる前に売れてしまいます
不動産屋は土地を仕入れてくると、その土地についていろいろ調べてから資料を作成します。
その後、新聞の折込チラシやフリーペーパーに掲載したり、インターネットにアップロードしたりして一般的に広告します。
なので、土地を仕入れてから皆さんのところに情報が渡るまでには結構時間がかかります。

その間に不動産屋の営業マンは自分のお客さんのところに新しい物件のことを紹介します。
不動産屋の営業マンは歩合制のところが多いので、自分のお客さんを優先的に紹介したいのです。
そして、世間に知れ渡る前、又は知れ渡った頃には売れてしまっていることがあります。

こういった事情から土地を探そうと思っている方は、まず不動産屋に、自分が土地を探していて どういった土地が欲しいのかをお伝えしてください。
出来れば不動産屋に行って、不動産屋の人と実際にお話をしてください。
忙しくて、または面倒で不動産屋に行けない方は、営業マンに来てもらうと良いです。
営業マンはいつでもどこでも来てくれます。
最近はインターネットで気軽に物件資料が貰えるところもありますが、それも結局は資料を作ってからになるので やはり時間がかかってしまいますし、物件情報だけ見ても自分では気付かない土地の長所短所や、お客様にあったアドバイス などは実際に会って話してみないと分からないことも多々あります。
また、営業マンも沢山のお客様を相手にしているので、営業マンと仲良くなっておくとその中でも 早く良い情報が貰えるかもしれません。


土地は早い者勝ちなので、情報をいかに早く仕入れるかがカギになります。
営業マンと仲良くなって出来るだけ早く情報を貰うというのが土地探しのコツです。 そして、いい土地だと思ったら早めに決断しましょう。





Copyright c kotobuki84.com All rights reserved.